スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィーク中間日 

道は混んでますね。

仕入に高速を使っている人は大変だと思います。
でも以外に市内、都内とかは結構すいてますよ。
わりと郊外に出て行く人が多いみたいです。
なんとなくですが、平日よりすいている感じもしますね。
自分は車は混んでいるときは使わないので、なんともですが。

あと、高速での事故増えているみたいなので、
その辺も気をつけて高速、車、使ってください。
自分も事故車両、このゴールデンウィークで2件ほどみかけました。
自分も注意ですね。

セール、2回ほど遭遇してますが、あまりいいのがないですね。
というより、プロパー見るのがほとんどセールだけだから、
あったとしても見つからなくても仕方ないですね。

500円セールやるところってきまってますね。
逆にやらないところはとことん、やらないですね。

自分の近くでプロパー500円セールをやってくれない、
というのであればちょっと遠出してみるといいかもしれないですね。

仕入時期 

売上のほうは明日の発送も考えると普通に出てくれています。

その売上も去ることながら、
仕入のほうが今、仕入れる時期だと実感しました。

今日出てくれる商品もゴールデンウィーク中に仕入れたのが早速動いてくれています。なかなかいいのを落としてくれている感じです。

たしかに店で競合する人は多いのですが、
若干、基準が甘めになっているようにも感じます。オフですが。

地域差はあるかもしれませんが、チェーン店はこぞって宣伝かけて、
ここで稼がなかったら次の稼ぎ時まで時間がかかるでしょう。

普段、新古書店をみてもそうそう人だかり、ということはないのですから。

1,2日は休日でもなんでもないので、よっぽどでないかぎり、出勤する人は多いと思います。

となると、3日以降の後半戦に仕入を期待したいところです。

全部推測なんですけどね。
ちょっと仕入れた実感から、なんとなく仕入に期待できる時期かな、と短絡的に思っただけです。

A-BOOKさん在庫回転率、感想 

A-BOOKさんの

在庫回転率

という記事がすごくためになりました。
ちょっと在庫回転率、の意味が正しくは理解できてないかもしれません。。。

ただ、売上のこと、在庫のこと、利益のこと、出品のこと、
それぞれプロの視点から自分みたいなアマチュアからは想像つかない話で、でもちょっとは身につまされたりして。(利益のこととか。。。)

その中で出品が大事、というのでやはり出品を頑張らねば、とも思います。そして、売上をあげること、売上を上げつつも利益をあげること、
この二つを同時に満たすのって難しいです。

売上あげようとすると、どうしても仕入単価が高くなってしまって、利ざやが単Cと比べるとどうしても利益率という意味では低くなってしまいます。

ちょっと仕入の基準をまた見直そう、と思っています。
古本屋で携帯はじくたびに、この利益でいいんだろうか、アマゾンの手数料考えたらこれ、かなり利益低くなるんじゃないかとか、なんかこんがらがってくるので、前もって、この仕入値のときは利益はこれ以上、みたいな鉄則つくっておかないと、どんどん仕入だけが高くなってしまう、今日の教訓です。

いろいろ雑感 

在庫論でなんとなく、こうです!
みたいな書き方して、それからしばらく考えてました。

そう、アマゾンの発送メールの仕方、とか
海外の発送の仕方、
梱包の仕方、とかは具体的には言いやすいですね。

ただ、せどり論、特に仕入、の部分でのノウハウ、というよりは
考え方を述べるのは難しいというか、答えはないかな、と思いました。

自分もネットから情報を仕入れて試行錯誤でやってみた感じなのですが、最初はやたらめったら在庫をふやすことだけ考えてました。

資金が少なくて、それなりに400とか月に仕入れたこともあります。
無論、ランキングや価格もあまり考えず、在庫、在庫と思いました。

それで在庫論、みたいなものを書いてみました、みたいになってしまいました。

それから売れなくて、うーん。。。と他の出品者さんの情報をよく見るようになったり、もう一度、おさらいでネットで調べてみたり、あと、これはブログランキング的にはよくなかったりするのかもしれませんが、せどりメルマガとかも何個か登録してみるようにもなりました。

それから、は自分の創意工夫で、言い方はいいけど悪く言うと適当になりましたね。数打てばあたる、とか。もちろん調べまくったり、買ってみて、数ヶ月経って、これは失敗だったか、などなど。

だから、仕入、在庫の部分での考え方、というのは言い方が難しいし、これといった答えがない、といったほうが適切だったのかもしれません。

逆に言うとそこの部分が肝であり、面白みでもあるようにも思えます。
せどりの書籍とかあるわけではないですしね。

そこで自分がしばらくやってみて、考えて、これでやっていく、というのが答えなんだと思いました。

ようするにやってみないとわからない。仕入。
もちろん何が必ず売れるとかはいまだにわかりません。
売れるだろう、売れるかな?売れるかも?ぐらい。

単Cと仕入先 

在庫論、で単Cがなんか軽めに書いてしまったかもしれません。
単Cはかなり重要です。

ただ、単Cの充実度、というのは地域性や、その立地条件、または店の傾向や時期によってかなり変わってきますね。

単Cでわりと手ごたえを感じるのは
結構大きめな都市でありながらその郊外あたりにある店、
まったく逆で、もろ都心付近、
など逆をいいましたが、他に、たとえばBOでたとえるなら
BO以外の新古書店の競合業者がいりみだれているようなところ、とかでは、せどり的にですけどいい、という店がありますね。

しかし、1,2回いってみただけではなんともいえないですね。
前よかったが、今は悪い。その逆もありです。
時期によってぬける本ががらっと変わったりもします。

本が潤っていれば、単Cも回転するわけで、その本自体がない、
もしくは回転させる気がない、というのであれば、
いくらまっても単Cに本は降りてこないですね。

ほとんどBO中心ですが、この頃は仕入先をまた新たにかえてみようかとも考えてます。

中古書店があります。
まず、気をつけることはネットに進出しているか、どうか。
規模はどれくらいなのか。

などです。ネットは進出していれば、調べればわかりますね。
規模となるとどうなのか?
自分はネット地図などを参照してその建物の大きさと、立地している場所で判断しているところです。
おおまかなので、かなり当たり外れは大きいですが、
独立した新古書店やリサイクルショップみたいなものを探しているところです。

試行錯誤、なのでなんともいえないですが、
仕入先開拓、という意味でも、あとは新鮮さ、見たことがない本みたさにやっているところもあります。

色々な店にまわっていると、勝手に自分の相場ができてしまいますね。
この値付けではCDは買えないな、あっちいったほうが安いなあ、
とかまるでスーパーの主婦の気分です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。