スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売れない、儲からない、在庫を増やす? パート2 

在庫を増やす、と決めました。
1000冊、一ヶ月に100冊と売れた数だけ仕入れてくる、としました。これはどこか、ほかのブログでみかけたのですが、ちょっと見失いました。

仕入を100円換算、売り単価を700円として
1ヶ月
在庫100冊 仕入100冊 
(4万円仕入、マイナス40000)
2ヶ月
在庫200冊 仕入130冊 30冊売上
(仕入13000円 売上21000円 マイナス48000円)
3ヶ月
在庫300冊 仕入160冊 60冊売上
(仕入16000円 売上42000円 マイナス22000円)
4ヶ月
在庫400冊 仕入190冊 90冊売上
(仕入19000円 売上63000円 プラス22000円)
5ヶ月
在庫500冊 仕入220冊 120冊売上
(仕入22000円 売上84000円 プラス84000円)
6ヶ月
在庫600冊 仕入250冊 150冊売上
(仕入25000円 売上105000円 プラス164000円)
7ヶ月
在庫700冊 仕入280冊 180冊売上
(仕入28000円 売上126000円 プラス262000円)
8ヶ月
在庫800冊 仕入310冊 210冊売上
(仕入31000円 売上147000円 プラス378000円)
9ヶ月目
在庫900冊 仕入330冊 240冊売上
(仕入33000円 売上168000円 プラス513000円)
10ヶ月目
在庫1000冊 仕入360冊 270冊売上
(仕入36000円 売上189000円 プラス666000円)

と数に出して見ました。
ちょっと馬鹿みたいな数字ですね。今では単Cの仕入だけで、この数字どおりに出せる人はいないでしょう。しかし、ある指針としては参考になります。仕入と売上の関係は結構あてはまるのではないか、と思います。

ただ、値崩れや、売上の増減については数字をおう毎にリスクが高まる、といえます。

まず、これだけ仕入ができるか、というポイント。
良書を毎月、これだけの数を仕入れるという難点がひとつあります。

あとは金銭面ですね。
1000冊そろえるのに100円としてまず10万円いります。

そして合計1350冊売り上げていますから、この分の13万5千円も入りますね。利益が出ていたら、そのまま売上から仕入にまわせますが、単価が下がれば利益も低くなります。もし、不良在庫のまま、在庫だけがたまって仕入がかさんでしまいますと、どうにもこうにもならない負債になってしまいます。

これがDVD、DVDBOX、プロパーを扱うとなると、当然のことながら仕入単価は跳ね上がります。

細かい計算がありますし、ちゃんと元記事どおりに再生していないので、なんともいえないですが、ようするにいいたかったことはある程度、まとまったお金が仕入、在庫するにしても必要になってくる、ということですね。

そして、そのまとまったお金が、この理屈どおりにはいかない、という部分も一つです。一つの投資である、と考えるのがいいのではないでしょうか。

株やギャンブルに比べたら、リスクは結構低いのかもしれません。が、ここに知識や相場勘、仕入基準、もしくは、もともと本やDVD、音楽などのメディアに感心の度合いによって数値がかなりかわってくる、とも思います。

一つの考え方、と思っていただけたら幸いです。
儲からないやつのひがみだ、と見える方には申し訳ないです。

あとこの記事を書いてくださった方の批判ではないです。
とても参考になりました。書き方はひどいですが、在庫の考え方、仕入、売上の動き、というのがまとまったものがなかったので、すごく助かりました。こんな書き方ではありますが、ありがとうございます。

数字の間違い、記入ミスなどあるかもしれませんが、大体の目安で考えてもらえるとありがたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/98-57080f02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。