スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冊子小包 

自分は発送には冊子小包を利用しています。

クロネコも考えていたのですが、
種銭かせぎのオークションで利用していたとき、
取引2,3個目でトラブルが発生してあわや低評価を食らうところでした。そういえば、オークションの書籍の取引利用でも冊子小包が多いような気がします。

クロネコで不安な点は
  • 書籍を玄関の前などにそのまま置いてしまう

  • 厚みのあるものを受け取ってくれない

  • 時間外で受け取れる場所が自分の家の近くにない

特に一番最初の玄関に置かれてしまうとどうにもならないですね。
これは自分がされても驚くと思います。雨の日とかどうなるのだろう、とか。

郵便のほうはその辺りが安心で、郵便のほうでは面倒でしょうけど、引き取り手がいない場合は引取りの手紙をおいて、持ち帰ってくれるというから郵便が安心して取引ができますね。

あと郵便局で「ゆうゆう窓口」があるところは結構幅広い時間帯で受け取ってくれるのでその辺りも評価が高いです。

郵送費が高くなってしまうのは仕方ないし、安心料だと思って郵便を使います。

あと、梱包の厚さにも気をつかっています。冊子なのでいくらでも厚さは使えるのですが、やはり郵便受けに入る厚さの方が梱包材を使って入れなくなってしまうよりはいいのかもしれない、と思いました。

クロネコが2センチにこだわる理由はやはり郵便受けに入るようにしたい、というところからきていると思います。カタログサイズはさすがに無理でしょうけど...

ケースバイケースですが、発送、梱包は日々、こうしたほうがいいかな、とか考えながらですね。

郵政民営化でサービスが変わってくると、ちょっと対応かえないといけないなぁ、とか思いつつ、発送は自分でより良いところを選びたいですね。

ちなみにクロネコのメール便について、all about japanで講座がありますね。
メール便で送ってみよう
佐川とクロネコ、郵便の比較が出ていますので参考に。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
私はメール便が一番多いです。安いからですね。それともし雨のシーズンは
封筒の上からジッパー付の塩ビ袋?を
かぶせちゃいます。応援ぽちっと。

郵政民営化したら、冊子小包も
安くなるかもしれませんね。
少し期待してます。
応援しますね。

メール便

いつもありがとうございます。
発送にそこまで手をかけているとは驚きです。そこまでは想像付きませんでした。参考にしますね。ありがとうございます。

郵政民営化、どうなるか、楽しみですね。いいほうに変わることを期待しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/62-a616274e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。