スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

値札はがしのツール 

ジッポライターのオイルか、シールはがし液、というのが定番でよく聞きますね。

シールはがし液にたまについているヘラご存知ですか?
あれ、結構使えるんですよね。

最初はつめを使ってはがしてたんですが、
あとが残るし、紙はきれいにはがせない。

もっと簡単にはがせるのはないかなあと考えて、
シールはがし液を探していたところに、
ちっさなヘラがついていますね。



これは工事とかで使うヘラです
これはシールはがしのヘラですね。工事や料理などで使うコーキングのヘラがあるのですが、あれはなかなか先がとがってないので、似ているのですが、先のとがり具合がキーポイントです。

面取り、という業界用語があるのですが、
それがある、というか施されているとはがしやすいです。
ちなみに上の商品、在庫切れです。申し訳ない。

上の全部お勧め、というわけでなく、
画像一番左の幅が広いものがありますよね?
それが使っていてやりやすいです。

ビニール製の表紙とかだったらジッポライターのオイルの方がはやいかもしれないですね。はがしやすくて、数があるんだったらこちらのほうが効果的です。

ただ、このヘラの素材がプラスチックだと使っていくうちに刃先が丸くなってしまって使いづらくなるので、先をカッターなどで鋭利にする調整が必要になってしまいます。

その辺の解決策が古本屋・くまねこ堂さんで解決しました。

ペーパーナイフを紹介されております。
あぁ、そっかあ、と改めて思いました。確かにあれもエッジの薄いタイプがあったなあと感心しきりでした。

この頃、こういう道具に対するこだわりも出てきまして、こういうところに凝っているから梱包に対するこだわりも出てくるのかもしれません。もちろん評価を気にしながら、ですが...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/57-bb9ba3e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。