スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価数について考える(2) 

問題となるのは競合さんが複数おられて、かつ他の競合さんが自分より評価数が上の場合となりますね。

購入者の方は、経験豊富なブロガーさんの記事でもわかるように最安値を抜く信頼を置かれています。それは状態のよさもあるのでしょうが、評価の数と高い評価の上になりたっていると思います。

そういう場合、やはり自分としては最安値を狙っていくしかないな、と思ったのです。そして、回転数も上げる。回収する形をとる。

売買が成立しやすくしておくと評価もつきやすくなりますし、評価数での高額商品の競争勝ちとかもできるかもしれません。

ちょっとコツというよりは長い地道な努力、根性論を語ってしまいましたが、大方、ほとんどの部分はそういう下地がないと、成り立たないのではないかと思います。

そうなってくるとたとえ安い商品でも、やる気でてきませんか?
無論、回転の速い商品の売上の積み重なると結構な額になってくるでしょうし、ますます、安い書籍、回転の速い書籍は重要なんではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/56-e55a0498

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。