スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

評価数を考える 

資本金1万円を古本売買で増やすブログという有名なサイトで価格について書かれておられて色々勉強になりました。

そこで改めて思ったのは
俺様価格のつけ方がまちがっているんじゃないかと。
もしくは値つけが高いんじゃないかと。

価値の無い商品に単独だからといって無意味にあげすぎているんではないか...

ツールの項目であげた出品者検索の評価数がベテランさんでも、単独で在庫なしの出品にもかかわらず、わりと最近のでも中古の値付けになっているんですね。これは新鮮な驚きでした。在庫なし、だけではダメですか...

やはり知識不足というか、携帯セドラーなので相場など把握しておりません。ただ、この値つけがなかなか曲者だなあと感じました。

この値つけに疑問を抱いて、ちょっとお高そうなのは半額にしてみました。そして1晩ねかしつけていたら2品ほどもってかれました。

ただ、他には半額とかにしていない商品が売れていました。
しばらくそのままおいて置きましたが、無駄だったのですぐ元に戻しました。

こんな短い期間で結論を出すのは早いですが、出品者ランキング上位さんのいうとおり、500,600円系は待ってるのが正しそうです。いくら安くしても売れずに、最安値チェッカーなどで勝手にまた相場が落ちてしまいます...

さて、どうするか、というので、明日に続きます。
すいません、長くなりすぎてしまいました。

p.s.
資本金1万円を古本売買で増やすブログのサイトは知っている人はもちろん知っているでしょうが、中身はランキング上位者並みの情報だと思います。
スポンサーサイト

コメント

水月です

はじめましてこんばんは。
水月です。
本日こちらのブログ経由でけっこうなアクセスをいただきましたのでお礼に伺いました。

なんだか好意的な記事を書いていただけたようでありがとうございました。

価格設定については迷うものが多いですが、タイトルを見て類書がなさそうな書籍だったり、一応ヤフオクでの相場を見て高そうなものだと強気の値付けをしています。

「この本がどうしても欲しい人」が一人でもいれば多少高くつけても売れる本はありますので、その辺の見極めでしょうか。

妙なもので、自分のあまり知らない本の方が高く売れたりすることもあります。
「自分の知らない本=マニアックで冊数が少ない」
という要素が隠れていたりするようです。

また思いつくことがあったら記事に書きますので、懲りずに来てくださいw

それでは失礼します。

ありがとうございます。

はじめまして。
わざわざ来てくださってうれしいです。

本当に色々参考にさせてもらっていて、せどりについてのやり方を多く学ばせてもらったのでこちらこそありがたい気持です。

価格設定のほうですが、類書がないかどうか、という部分はあまり気にしていませんでした。

他にもまだまだ知識不足のところが多いです。価格設定のほうは頂いたコメントのほうを参考にさせてもらいます。

水月さんの所の記事もわかるところもあれば、これはどういった意味なんだろう、とか思い悩むときもあります。多分、せどりを続けていけば、徐々にわかってくると思いたいです(汗

水月さんはわりと他のせどりブロガーさんとも交流が活発だったり、また他のせどりブロガーさんの紹介記事から遊びにいったりもしていますので、存在感はありました。

何はともあれ、こんな辺境までわざわざお越しありがとうございます。またブログのほうに寄らせてもらいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/55-d08c0e0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。