スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンライン古本屋さん紹介 

せどりといえば、古くは古本屋さんが自店の在庫充実のため他の本屋さんに商品を直に買いにいくことから始まる?ときいています。

そんな中で有名なオンライン古本屋さんといえば、
ぼくはオンライン古本屋のおやじさん
北尾 トロ
風塵社 (2000/10)
売り上げランキング: 294,790
おすすめ度の平均: 4.17
4 古本屋の内幕がわかっておもしろい
5 趣味と実益
4 書店の新しい可能性を開く本


有名な方ですね。オンライン古本屋として日記も書かれています。
オンライン古本屋の日常(北尾トロさん)

------------------------------------------------------------

駈け出しネット古書店日記
野崎 正幸
晶文社 (2004/01)
売り上げランキング: 147,958
おすすめ度の平均: 3.5
5 駆け出しネット古書店日記
5 苦あれば楽あり、道険し。
1 ネット古書店の落とし穴も・・



こちらもAmazonでは人気の部類の古本屋系書籍。
レビューにもあるように、雑誌などに紹介されて関係者のみならず、
広い人に読まれている書籍です。

------------------------------------------------------------

インターネットで古本屋さんやろうよ!
芳賀 健治
大和書房 (2003/03)
売り上げランキング: 114,669
おすすめ度の平均: 3.6
3 あくまでも参考程度に。
3 まあまあ
4 インターネットで古本屋さんやろうよ!


こちらも古本屋としての軌跡を描いた本。この方もネットで活躍中のオンライン本屋さん。
古本うさぎ書林

------------------------------------------------------------
その他、関連書籍です。

『本屋さんになる!』 書店・古書店を独立開業するためのアイデアとノウハウ
岡崎武志+CWS
メタローグ (2004/07/14)
売り上げランキング: 6,045
おすすめ度の平均: 4.5
4 個性派本屋さんに学ぶ独立開業への道
5 本屋になると、読む時間は減るそうです。

色々な古本屋さんの紹介記事がありますね。
もうネットでは有名な方とか、実店舗の方が人気があるとか、作家のかたの古本屋さんとか...主にデザイン、おしゃれ感がある人の古本屋と、内容、人柄で押していく古本屋さんなどいろんなタイプがおられます。

読んでいてその軌跡はちょっとした物語にもなるのではないかと思います。もちろん、その中での苦労話、専門に関する嗅覚についての記事は関連の方は役に立つと思います。

はじめよう!ネット古物商
藤生 洋
同文舘出版 (2004/12)
売り上げランキング: 8,978
おすすめ度の平均: 4
4 イーベイのこともよくわかります


こちらは実際呼んでみたのですが、骨董を扱うのが主みたいで、確かにe-bayでのことについても詳しく書いてありました。e-bayやpaypalでの基本的なことが後半。そのほか、オンラインというよりは実店舗での仕入れの種類や、仕事の内容、どういった感じでの仕入れがあるか、古物商とはどういうものかが前半といった感じです。詳細なマニュアルというよりは入門書としての位置づけに感じました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/26-7363637f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。