スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目利き 

ランキング後ろのほう、という言い方は失礼ですが、
うちよりちょっと上のブログさんでいろいろ目利きについての
文章があり、参考になりました。

携帯サーチでの目利き、
これはアマゾンでの売上ランキング、が価値をしめるもの、

本来の目利き?というものは、はじめたばかりなのでわかりませんが、
ランキングが低くても、需要があるとみこめるもの、あるいは売れるもの。

アマゾンでのランキングの位置はかなり時期でばらつきがありますね、安くもなるし、高くもなる。
オークションなどではあまり安い相場になってしまったときは
時期を遅らせてから出品などするとも聞きます。
ねかせる、とかききますね、たしか。

アマゾンせどりの目利きというのはアマゾン内で、
そしてオフでどれだけアマゾン向けの商品をとりそろえられるか、
というのが基本になってます。

だからアマゾンの売れ筋をよく研究して、ランキング重視をすることによって、さらにアマゾンでの売上が増しますし、
オフも何件もまわっているうちにどの商品がよく棚にならんでいる本で、その中であまり見かけない本がある、と気づくのは何回も棚を見ていると自然と入ってきますね。ベストセラーと知らない本でも、何回も、何冊もならんでいるのをみると、これは市場でもオフでもあまっている本なのだな、とわかるような気がします。

もし、ここにプラスアルファするなら、売り場はアマゾンだけなのか?
仕入は地元のオフだけでいいのか、もしくはオフ以外でも、ないのか、ということになってきますね。

別にプラスアルファするよりも、
よりアマゾンとオフに特化して、誰よりもその関係に詳しくなる、というのも一つの目利きだとも思います。オフはフランチャイズながら、店の傾向はさまざまなので、その特徴、何が安い、高い、どの時期にセール、店員の数によってその店の稼働率などで、店での本の回転率など予想するなど、特化することによって、よりスムーズに月の本の仕入数、売上単価上げ、などを工夫することができるかもしれません。その特化の仕方次第ではしらない分野の商品でも容易に棚がかわるのを把握できるかもしれません。

まぁ、本来の本の目利き、という意味ではかなり筋はずれているのかもしれないですが、本の目利きだけでなく、店の目利き、というのもあると便利かもしれないですね。これは自分も工夫したい一番の悩みです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/128-6efe5ec5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。