スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価格設定 

アマゾンの価格設定が元に戻っていますね。
小数点表示で、なかには1桁まちがえているんじゃないか、
という値段設定もあったので、どうなるのかと思っていたのですが
とりあえず、安心です。

この使いやすい値段設定はみんなに使いやすいので
価格競争に走っている本は設定が大変ですね。

競争相手がいないならそんなにも下げないですが、
だんだん時間が経つにつれて競合も増えてしまいますね。
特に最安値を走る、というわけではないのですが。

400円付近の本に限っては値段をこまめに変えてます。
そういう本を仕入れなければいいんでしょうけど、
競合と時間の問題ですね。

値動きが激しい400円付近の本だけ今日は値段を変える、
とすると気が楽になるような気がします。

全部価格変更するのはどうかな、というとき
この付近だけかえとけばいい、などの自分のやり方があると楽なのかもしれません。
スポンサーサイト

般若心経 

般若心経が静かなブームだとか。
以前から座禅や写経で仏教ブームだが、
その中で写経の教本として般若心経がよく使われているそうです。

これら般若心経ブームは中高年の方にはもちろん、
若者の中でもひそかにブームが芽生え始めているとか。
本屋でも仏教フェアなる、関連本が特集されている所もあるようです。

写経や座禅で感じるのは心の安らぎであるとか、
姿勢の美しさであったり、
打ち込むことによる集中力だったり、
自分のペースでできるほど良い達成感であったりと
人によってそれぞれですが、一種セラピー的なものとか、
あらためて伝統の良さを感じるのかもしれません。

せどりでの歴史関係の諸本は人気があります。
その歴史の中で色濃く関係するのが宗教であったりします。
なんでも般若心経は西遊記が語られる時代の産物だとか。

和ブームなどの言葉がありますが、
その先端を般若心経が切り開いていく可能性は十分ありますね。
今後の般若心経を要チェックしておきます。

モーツアルト生誕250周年記念 

1月17日であの有名なモーツアルトが生誕250年を迎える。
今やメディアでもなんでも宣伝に躍起になっています。
続きを読む

出品日 

出品日から本を探す、という内容のブログとか読むんですが、
その意味がつい最近まで知りませんでした。

それはせどりの基本中の基本と呼ばれる本で解決しました。
Amazonマーケットプレイス徹底活用
横手 久光 森 英信
ソフトバンククリエイティブ (2004/12/28)
売り上げランキング: 33,743

出品IDの前半が月日を表しているんですね。
思いもしませんでした。それから探すのがとても楽になりました。

この頃はネットでせどり関係については情報を探し出すことが多いのですが、やはりまとまった情報は本を読むようにしています。

ネットはガイドラインを知るには最適ですが、もっと深く知りたいときなどはやはり本が一番ですね。

いろんな意味でAmazonを知ってから大分、本の意味では助かっています。まとまった検索かけるのもやりやすいし、本の取りこぼしがないか、チェックするときでもISBNがついているのに関してはとても便利です。

このせどりをはじめてから、よく本を読むようになりました。
今まで思っていた本のイメージとは大分変わったように思います。

最初はただの在庫だったのですが、これだけ部屋に本が立ち並んでしまうと、たまには一体どういう中身の本なんだろう、という好奇心も沸き起こりますね。

仕入れ期間がたち止っている状態ですが、その中で結構本を読んだような気がします。売上とかせどりというものに対していろいろ考え込む時間も多かったのですが、それも自分の在庫の本の中で解決できれば、一石二鳥ですね。

いつでもやめれるし、いつでもできる。

いったん間をおくのもありですね。次、入金の日はまた新たな気持で本の仕入れができるような気がします。あくまで気だけですが...

Nintendo-ds 

ニンテンドーDS ピュアホワイト
任天堂 (2005/03/24)
売り上げランキング: 56

と、ゲームの本体ですが、どうもニンテンドーDSが今品薄みたいですね。CD、DVDとジャンルが広がるわけですが、ゲームも入っている、という人も案外多いのでは?と推測したりします。

特にハードが多岐にわたる、古いゲームに人気があったりとゲーム攻略本で成功しているなら、ゲームでも生かせるはず。
と思って、ニンテンドーDSの攻略本をアマゾンで見てみましたが、そんなに値段的にいい本がごっそりというわけでもないですね。

やはりゲームそのもののほうにいったほうがよいのかな?
こうなってくるとせどりも本だけでなく(当たり前ですけど)
もうなんでもありですね。Amazonで扱っていればなんでも。
以前は、今もなのかどうかはわかりませんが、たまごっちで品切れがでていたときも熱狂的でしたし。

その関連メディア、というか、関連書籍までは値幅があがることはないのかな。

本を扱っているといろんな情報がめまぐるしく入ってくるわけで、ビジネスでも、今回取り上げたゲームにしても、敏感になる部分は敏感になりますね。株にしてもそうですが、株関連の書籍はやはり人気があって、どういうものが好まれるか、ちょっとは内容を把握したい、という思いから調べてみたりする。

そうするとだんだん、せどりがせどりだけですまなくなってきてしまいました。もちろん、せどりの絶版を知るためなのですが、なかなかあっちふらふら、こっちふらふらで定着した知識につながってくれません。

ある意味情報が膨大だなあと思ったときに、ちょっと目に入った本がこちら。
情報の「目利き」になる!―メディア・リテラシーを高めるQ&A
日垣 隆
筑摩書房 (2002/09)
売り上げランキング: 76,525
おすすめ度の平均: 3.67
1 著者の肥大したエゴにつきあわされるだけ
5 とても面白かった
5 本になったのか

メディアリテラシーという、情報の見方、目利きを扱った本です。アマゾンではこのメディアリテラシーの本ではベストセラー系なんですが、評価のほうは散々なので、読むかどうかはわかりません。が、わりとこの辺りの知識は本の目利きをアップさせたい、という観点から読んでみたいとも思ってます。海外の著者の本の方がいいのかな?とかおもったりおもわなかったり。

ただ他のメディアリテラシーと同様にすぐ目利きになる、とかいう分野でもないですし、即効性はないですが、この膨大情報世界で生きていくうえで、頭に置いておいた方が無難でしょう、多分...

ブログデザイン変更 

ちょっと気晴らしにblogのデザインを変えてみました。

ポータル、プロバイダ別blogデザインカスタマイズ事典
外間 かおり
毎日コミュニケーションズ (2004/09)
売り上げランキング: 23,589
おすすめ度の平均: 4
3 Movable Typeには・・・
5 ブログ作成のバイブル
5 ブログカスタマイズ初心者には必読の書!!

上の本を参考にしました。FC2の直接的なカスタマイズの方法はのってなかったのですが、おおまかにブログの構造がわかるような感じでした。

ただちゃんと自分のブログの調整がうまくいっているかどうかは疑問です。もうちょっと勉強の必要あり、の気配が農耕です。

あと、素材を
0円のWEB素材屋さん
から頂いてまいりました。ありがとうございます。
ここのブログの素材はプロの方の素材ですので、とてもきれいで前から使ってみたかったです。あこがれますね~。デザイン・アートランキングも高位のブログで、楽しみに更新を待っています。

自分はちょっとだけデザインに興味を持っていて、それでよくデザイン系の本をせどることが多いです。本のせどりもよくデザインからせどることもよくあります。ただ、実用書などに関してはハズレが多いですが。

その中で、デザイン系のソフトで古いのとかあります。
一概にいえないですが、わりと個人では古いタイプを愛用している人が多いのではないかな、とか思います。ほぼ1,2年でバージョンアップしていく中で、操作があまり変わっていなかったりする、以前のソフトの方が使いやすいなどある程度古くても間に合うケースがあるように思います。

その中でも、デザインの技術書などで、案外古いタイプのソフトでの解説、というのが少なくないように思います。

あと書店も新バージョンが出てしまうと、古いバージョンの本をすぐ撤去してしまう店も多いので余計に古いバージョンの需要があるように思います。

ただ、そう思って仕入れても、よく塩漬けがあるのですが...
一概に言えませんが、あくまで素人の意見ということで。

売上 

売上4冊です。
平均単価800円位です。おそらく在庫の平均単価もそれぐらいに落ち着いているように感じます。

仕入が止まっていても、それなりに売れてくれてます。
塩漬けぎみの在庫もそれなりにあります。
仕入れの仕方を見直して買った効果もそれなりに出てくれています。

それなり、以上の売上、利益を追って、
上位ブログランキングの方々を研究してみたり、
自分で得意分野広げに夢中になったりしてはいるのですが、
なかなか、雲をつかむようで昨日はよい、と思ったことが今日は違うように見えたりもします。

この雲みたいな壁は仕入れ値以外にも、本の選び方、在庫数、仕入れの数などさまざまな?が頭を飛び交ってます。

次の仕入で生かせるかはどうかはわかりませんが、あとは積み重ねていく時間と経験、あと雲をつかめるせどり感覚にを得ることが、思うようなせどりのできる日であって欲しいです。

初回限定版 

よく新刊せどりの話も聞きます。
最近ちょっと見たのは『鋼の錬金術師』の13巻の初回限定特装版が出ている、ということですね。

そこでカレンダーなどの最近発売されている、人気の商品などをみてますが、なかなか厳しいですね。でも最低値段がまだ定価とほぼ同じくらいなので、リスクはそれなりに少ないのかな、とか思いました。

電脳もなかなか難しそうだなあというのが感想です。わりと競合も多いですね。洋書などでは海外からも参入が多いですし、なかなか電脳も外での仕入れも、研究の足りない自分にとってはまだまだ勉強する課題、多しという感じです。

高い書籍が仮に見つかったとしても、競合が多く、状態が同じであれば、やはり評価数などが最後にものをいってくるところもあるみたいなので、値段つけは相手の評価数を推し量るのも重要に感じました。回転本の意味合いは日々、売れていく安心感もありますが、丁寧な取引ができれば、それが評価につながっていくわけですね。長い道のりではあるのですが。

他の競合の少ない、需要のある書籍を見つける、というのは至難の技、ですね。それだけに上位ランキングの方の売上ブログで、自分では思いもよらない商品など掘り下げてみてみる、というのは結構自分の中では勉強になります。

もっと体系的な知識が身につけば、他でも応用が利きそうですね。
がんばります。

セール 

ちょっとオークションランキングの日記を見ていて
セールが結構あるみたいですね。

なんだかうらやましいです。
今すぐ駆けつけて買いに行きたいです。

この雪や、雨とかの気象状況で
せどらーや、お客も少ないみたいです。

よくスーパーや、小売のお店でも
雨対策でわざわざ雨の日セールとか、雨用のサービスがありますね。
まさに雨はせどりだけじゃなくても買い手には必須の気象条件なのかもしれません。

ただ、雨の日の発送は気をつけたいですね。
もって行く前にぬれてしまっては大変です。

雨の日でも、本などでかさばっても大丈夫な服装を考えなくては。
車だと楽ですが、車でいけない場所ってのもあったり、
渋滞とかまきこまれず、何件かはしごしたいときとか、
やはり車以外での行動もあるほうが便利ですね。

移動で時間をロスしてしまうのもなんなので、
そこらへんはせどり時間が短くなれば解消できるのかもしれません。

いろいろ仕入れの仕方でも工夫の余地ありですね。

売上冊数 

売上2冊くらいに落ち着いてきています。
ありがとうございます。

仕入れができない状況下にあるので、
自分の売上をざざっとみて見ました。

この1,2ヶ月でよく売れている自分の傾向としては
直近で仕入れたもの、
一ヶ月以内に仕入れたもの
が主流で、あとランキング外や、出品時期3ヶ月前くらいのものなど売れていたりします。

それとよく売れるのは商品価格の安いものですね。
最近仕入れた、単価の高い、ランキングも10万以上となると、
ちょっと動きに幅があるみたいです。

売上は徐々に上がってきてますが、壁がふさがっているような感じです。一日、一日の売上にほんとばらつきがあり、1ヶ月くらいで見るとちょうど在庫1%にはなっています。

自分の統計をとってみて、改めて自分の場合はこうなるのか、といろいろな要素のからんでくるので、本当に何が売れて、何が売れないのか、より一層わからなくなってしまいました。タイミングや、競合者の兼ね合いもあるのでしょうが。

今回は仕入れが高かったり、在庫増やすのに必死でしたが、
次、マーケットプレイスから入るお金の仕入を考える必要大です。
妥当なラインで余裕を持たせておきたいです。

仕入れ0 

0が多いタイトルでなんともですが、
仕入ができません。
勢いあまった月初の仕入が今になって響いてきました。

キャッシュが足らなくなってきました。
ただ、今回はプロマーチャントに登録していたので
月2回の振込みがありがたいです。

最初のころの在庫での予想では郵便費、その他の雑費などの
計算もしていたのですが、在庫を増やしていくことによって
ますますその辺の動きが大きく変動していきますね。

短い期間での在庫増やしはリスクはそれなりにありますね。
仕入れの質がより在庫が増えていく上で重要になってくるのでしょうけど、まだまだ実験的にやっている節がある自分にとっては冒険ばかりです。

よくビジネス本の仕入でキャッシュフローなるものがよくでてきますが、初めて調べてみました。ネットで。
お金の流れ、貸借対照表と損益計算書、無駄な資産の売却による現金化...?

など、小難しいですが、このマーケットプレイスのお金の流れだけでも、それなりに複雑なお金の流れ方をするなあと改めて商売といっていいのかわかりませんが、商売の難しさを感じるこの頃です。

せどりに関しての支出、収入を改めて再度、金銭面からの見直しを図ります。

あぁ、売れて欲しいし、郵送費のため売れて欲しくないような、微妙な感じです。

トラブル対策 

だいたい困ったときに検索をかけると、ここにつながるような気がします。

[教えて!goo]オークション

梱包のことや、発送など、主にヤフーオークションのことについての記事なのですが、amazonで検索しても結構出てきます。またトラブル事というのは以外にYahooオークションと絡むことも多いみたいです。

よくせどらーのブログなどを丹念にみたり、検索かけたりしてなんとかトラブル対策を検索していたのですが、やはりここがいいみたいです。

ただこみいったamazonトラブルはあるもので、そういう場合はやはりamazonせどらーの過去ログとかで大変参考になるところもあります。

まだまだ未解決の問題も多少はあるのですが、
それも日々、オークションランキングなどでトラブル回避の技を身に着けて万全なお取引をしたいものです。

でも不着こわいなぁ。

紙がなくなる? 

青空文庫
というのをご存知ですか?

オンラインで本を読むというか、文書をダウンロードして読むタイプです。無料です。

テキスト形式や、XHTMLなどの形式があり、ちょっと重いですけどXHTMLの方が読みやすいです。

インターネット図書館として、有志の方のボランティア作業で成り立っているようです。

さすがにこれより最先端をいく本のサービスってないんじゃないでしょうか?以前にはきいたことはありましたが、ここまで読みやすく、それなりに蔵書が増えているとは思ってもみませんでした。

有料のところでは今の所、パピレス、他に携帯でも読めるサービスもあるようです。

オンライン古本屋ができたように本、特に漫画などはオンラインで読めるところが増えてきています。画像も今やメガバイト単位の情報の受け取りができるようになってスムーズです。

博物館などでの資料の保存もあるところではデジカメで撮影するところもあるそうです。電子の情報は劣化がないだとか...

古本、というより紙というものが一体どこまで価値を持ち続けるのか、そういう時代の節目すら感じさせるサイトのように感じました。
人によって受け取り方はそれぞれでしょうけど、一見の価値のあるサイトだと思います。

セール遭遇 

ようやくセール遭遇しました。
実はその前にも一回遭遇しました。

仕入れは

3冊。

前のセールもそんな感じです。
これがセールかぁとたそがれる余裕さえ出てきました。

それはそれで、そのまま引き下がるわけにもいかず、
大型、単Cなどはチェックしてみましたが。

そろそろプロパーも手を出し始めましたが、
DVD、CDにも手を出し始めるときがきたのかもしれません。
が、高価なものを仕入れたからといって次月から結果がでてくるものでもなし...

古本屋さんの本などを見ていてすごく勉強にもなり、
ある意味力が抜けているのと、一日一日の売上に一喜一憂するところなど、せどらーとちょっとだけ似ているところもあるなあと感心して読んでおりました。

今月決算でてました。
売上5万です。

仕入をちょっとやっちゃった感でいっぱいです。
なんとか建て直しはかります。

オンライン古本屋さん紹介 

せどりといえば、古くは古本屋さんが自店の在庫充実のため他の本屋さんに商品を直に買いにいくことから始まる?ときいています。

そんな中で有名なオンライン古本屋さんといえば、
ぼくはオンライン古本屋のおやじさん
北尾 トロ
風塵社 (2000/10)
売り上げランキング: 294,790
おすすめ度の平均: 4.17
4 古本屋の内幕がわかっておもしろい
5 趣味と実益
4 書店の新しい可能性を開く本


有名な方ですね。オンライン古本屋として日記も書かれています。
オンライン古本屋の日常(北尾トロさん)

------------------------------------------------------------

駈け出しネット古書店日記
野崎 正幸
晶文社 (2004/01)
売り上げランキング: 147,958
おすすめ度の平均: 3.5
5 駆け出しネット古書店日記
5 苦あれば楽あり、道険し。
1 ネット古書店の落とし穴も・・



こちらもAmazonでは人気の部類の古本屋系書籍。
レビューにもあるように、雑誌などに紹介されて関係者のみならず、
広い人に読まれている書籍です。

------------------------------------------------------------

インターネットで古本屋さんやろうよ!
芳賀 健治
大和書房 (2003/03)
売り上げランキング: 114,669
おすすめ度の平均: 3.6
3 あくまでも参考程度に。
3 まあまあ
4 インターネットで古本屋さんやろうよ!


こちらも古本屋としての軌跡を描いた本。この方もネットで活躍中のオンライン本屋さん。
古本うさぎ書林

------------------------------------------------------------
その他、関連書籍です。

『本屋さんになる!』 書店・古書店を独立開業するためのアイデアとノウハウ
岡崎武志+CWS
メタローグ (2004/07/14)
売り上げランキング: 6,045
おすすめ度の平均: 4.5
4 個性派本屋さんに学ぶ独立開業への道
5 本屋になると、読む時間は減るそうです。

色々な古本屋さんの紹介記事がありますね。
もうネットでは有名な方とか、実店舗の方が人気があるとか、作家のかたの古本屋さんとか...主にデザイン、おしゃれ感がある人の古本屋と、内容、人柄で押していく古本屋さんなどいろんなタイプがおられます。

読んでいてその軌跡はちょっとした物語にもなるのではないかと思います。もちろん、その中での苦労話、専門に関する嗅覚についての記事は関連の方は役に立つと思います。

はじめよう!ネット古物商
藤生 洋
同文舘出版 (2004/12)
売り上げランキング: 8,978
おすすめ度の平均: 4
4 イーベイのこともよくわかります


こちらは実際呼んでみたのですが、骨董を扱うのが主みたいで、確かにe-bayでのことについても詳しく書いてありました。e-bayやpaypalでの基本的なことが後半。そのほか、オンラインというよりは実店舗での仕入れの種類や、仕事の内容、どういった感じでの仕入れがあるか、古物商とはどういうものかが前半といった感じです。詳細なマニュアルというよりは入門書としての位置づけに感じました。

0円なり 

今日は売上、ありませんでした。
さすがに慣れてきました。慣れてはダメでしょうけど。

ただ、短い期間でのこういう売上の波もそうですが、
長期間での波もあるんでしょうね。

しかし、ブログランキング人をみていると
上昇志向というか、読んでて面白いのも多いですね。
せどりで色々出てくるトラブルとか、メールとか。

やっていると色々あって、それをプラス材料にできてしまうか、
嫌なことにしてしまうかはとり方ですね。

嫌なことを最後までひっぱらないほうがビジネス的に吉ですね。
そのほうがいろんなことがうまく回りそうです。

でも、明日売れてください(泣

時には待つ 

時は金なり、といいますが、
やはりせどりにかける時間も大事ですが、
それ以上に知識の増加に時間をかけたい気もします。

確かにせどる場所を変えたり、仕入れは工夫もできますが、
それも限度があります。

本屋、本屋を転々としても、なかなかオフではめったに
高額本がそんなに沢山おちていることが多いとは限りません。
それでいろいろ迷う時間ももったいないし、
わりと数をあせるあまり、100円だからの衝動買いで、
損をするのもあまり好ましくないです。

在庫の比重も大事ですが、それと同等に知識も必要になってきますね。
最近はちょっとはプロパーもみているのですが、
まだ単価が安いといったらCDも安いし、
雑誌などもそうだし、文庫もまだまだ攻める余地もありますね。

漠然と思いながら、知識増加のための
仕入れ休みも長い目でみればプラスかなあとか、
試行錯誤です。

考えずに 

ひたすら仕入れと行きたかったんですが、
またやりました。

携帯の電池が切れました。

そこからカンだったのですが、
いつもの慎重に抜けばそんなに被害は出ませんでした。
一個やってしまいましたが、800円→300円...
他はほどほどに、薄利と呼ばれるかもしれませんが、よかったです。

知識不足がいたいところ。
Amazonの詳細サーチ、もしくはブラウザのジャンル別の本などで
知識増加図りたいところです。

とにかく仕入れる 

仕入れだけですね。最近売上低下というか、
前の在庫数と同じくらいだったのですけど、ようやく、在庫1%付近まで持ち上がりはじめました。

今まで売上わるかったので、たまる在庫。
ランク数万とか、4桁とかあるにもかかわらず、売れない在庫。
なんとか在庫が400弱までに勝手に増えてしまいました、売れないので。今日は1000未満ですが4冊ほど売れました。ありがとうございます。

しかし、要領悪いですね...
もっと在庫少なくても売れている人は売れているからすごいと思います。みな、研究熱心ですね。

もう、たまっても仕方ないし、オークションにでも出してみようかとも思ってました。しばらく待っていようかと思います。

情報もひねりもないものになってしまってますが、ちょっとブログはしばらくお預けにしときます。手持ち、使える分で在庫にまわしてみて、それまではひたすら走ります。

セール 

今日は隣県に仕入れ。数は少ないけれど、
質はよかったと思います。思うだけですけど。

ただ、よくはじめての県のオフにいくと地元というか
いつもいっている所と感覚が違ってやりにくかったです。
でも、棚はあまり見たことない本が結構あって面白いですけど。
検索すると1円だったりってのはまだあります。

おかげで、久しぶりに出品から予約注文入っているのをつかみ、
幸先、よい感じだと思いたいです。

ただ、セールを忘れてました。500円かぁ。
自分はまたも、500円セールは見送りになりそうです。
でも、300円とかはたまにみるんですけどね。
ちがうんでしょうね。

はやく500円セールに遭遇するのも目標です。
今回は割り引き券のみで終わりそうです。

初心で仕入れる 

今日は仕入れ5冊です。少ない。
そろそろ1店舗あたりの抜ける本が
近くでは少なくなってきました。

も、あるし、仕入れ見直しでわざとスルーしたのもあります。
400円前後、ランキング、競合者がきついと
ちょっと見直すようになりました。

300ちょいの在庫で
100円帯にはいってしまったのが何点か見つかってきました。
いらない本がまたたまってきたんですけど
いずれまた売りにいかないといけないですね。

この頃、ブログにはまりすぎて本のリスト化とかチェックがおろそかに
なっていました。そもそも仕入れができてないですし。
ほどほど更新で本がこれでもか、
というくらいになったら更新励みたいですね。
まずは仕入れですね、改めて思いました。

すぐではなく、伝わるもの~それはこんなサイト? 

せどり品で買わない本の中で気になっていたのが
キャッチコピー。これって一体と思い出したのがちょっと前からだったりします。

文章についての本など多少読んでみたりするものの、
webでの活用となるとまた別の話で...

ちょっと書き足りない、と思うことがありつつも
足りないまま投稿してみたり、文字数だけとりあえず埋めてみたり。

せどりをしていてますます気になる文章力。
とっさのメールのアドリブがまず利かない。

そんなもやもやしたものを抱えながら、ぶらぶらネットサーフィンをしていたらいました。いい!と思う人がもしかしたら少ないところかもしれないですけど、ここはまさに絶版見つけた感じのサイトです。

【webコピーライター】のアンテナ日記


ここら辺りに興味がある人はもしかしたら興味がむくかも?
テクニックといえばテクニックですが、
手作り、影の努力が見えにくい、要領の悪いかっこよさ
みたいなものが伝わってきました。

あまりメジャー向けではないサイトですね。
ミイラとりがミイラ、ではないですが、
わりとこの辺は自分のマニアックに興味のある部分です。
お勧めします。

電脳情報 

各、中古書店、書店、他のメルマガなども
今日、前後から出し始めてますね、年始セールだとか。
bookoffさんは1200円で送料無料、
古本市場さんは2000円で送料無料、
Amazonは新品は1500円以上で送料無料(これは通常でも)。

1500円以上、というか、1500円の書籍の値段のつけ方、
競合が新品あるときでも新品近くで出しているときは悩みますね。

購入者でも知らなくて買う人もいるみたいですしね。
え、送料かかるの?みたいな感想blogをたまに見かけます。

でも難しいですね、また値つけの話ですけど。在庫切れから
在庫復活しちゃったら仕方ないですもんね。

自分はその前にお宝本をなんとか、
せめて、今の売れ筋だけでも把握する努力だけでもします。

大吉ポーチゲット!! 

養老天命反転地―荒川修作+マドリン・ギンズ 建築的実験
毎日新聞社
毎日新聞社 (1995/11)
売り上げランキング: 176,932


たまにはさらして見る。ちょっと前のだけど。

今日はちょっとだけの仕入れしかしてないんですが、
それでポーチあてました。最後の最後で当てました。

仕入れ基準まちがえてるのかなあ...
やっぱりプロパーにもいきたいけど、
数も仕入れたいし、
ランクも気にしたいし、
置き場所とか楽がいいし...

さっと切り替えて、方針切り替えて
バランスよく、せどることに決めました、今。
そろそろ大型気にしていかないときつい、
この大型は値段の大型です。
いろいろやってみて初めてわかることとかありますしね。
明日もがんばっていきます。

仕入れ 

仕入れを20冊ほど。そのうち、書き込みありが1冊ほど。
もろビジネス研究書系でした。
こういうタイプは書き込み多いのですが、
なんだか本を探っている間に本のチェックも忘れ、
さらに最後にせどった本を総チェック入れたりもするのですが、
それすら忘れてました。

まだありそうですね、買取キャンペーンの余韻。
そうじゃないのかもしれないですけど。
もうちょっと地元まわりを徹底的に(できるかどうかは別として)
短期間に回りたいところです。

遠く、遠くの仕入れ先にいきたい欲求が高いのですが、
まずは足元から。

ブログランキングも参考になりますが、
やはり現場の本ほど参考になるものはないですね。

もうちょっと欲をいえば、もっとプロパーとか、
CD、DVDもチェック入れたい。チェックだけ。
まだまだ本だけの仕入れですが、やっぱり在庫の間口が広いと
麻雀の待ち、ではないですが受けがいいんじゃないかとか考えます。
考えて買わないですが。

この頃、仕入れ単価が上がってきて、ちょっと困ってきました。
これだけ、棚の入れ替えが激しいと、
さぞプロパーや、大型の類でいいのが出そうな予感します。

この頃やっとピンとくる、
定価超えはしないものの、おいしいのが出てきました。
売れるかどうかはわかりませんが、
棚が変わるとどうしてもサーチせずには入られません。
見たこともない本があると、どうしてもランクが見たくなります。

ここ数ヶ月はもう数箇所しか変わってないのがありありとわかるような
棚しか見たことがなく、ここまで激変してくれている店の棚はすごく新鮮な気持でいっぱいです。

あとは儲けがでるか、ですね....

初売り難し 

売上はなかなか苦戦模様です。
1冊くらは売れてくれるのでなんとか、という感じです。

あとできることは、価格調整と状態表記でしょうか?

状態表記で正月発送と丁寧に変えている人がいました。
そのほか、内容の表記でも、わかりやすく、丁寧な
感じの人のマネしたりもします。業者の方かもしれませんが。

それで、本の状態も専門用語がありますね。
小口、とか袖など色々ありますね。

この表記、全然しりませんでした。
ただ、説明にいいなあとは思って使っいたのですが、
この言葉がはっきりわかる人はいるのでしょうか?

本のジャンルによって、
書いた方が売れやすい、売れにくいとかあるかもしれません。
ないかもしれません...
色々、試行錯誤でやってみて、
やはりもとの簡単な状態表記に戻りそうではありますが。
ただ、もっと簡略でわかりやすい本の説明の仕方、したいですね。

この頃、自分の癖なんですが、小手先ばかりではやはりダメだなあと
痛感します。
在庫の量、質、知識など、ランクイン上位の方は
説明のしようのない何かをもってる気がします。
大部分は在庫アップでしょうけど、その先になにがあるか、
やりながら知りたいですね。

新春せどりオフタイム 

仕入れ行ってきました。
この正月は朝一は道が大変すいております。
帰りは混雑でしたが。

その中で、1店で15冊ほどでした。
なかなかいい具合ですが、年末キャンペーンのうまみも
そろそろ切れてきたかな?と感じるところです。

正月なんか、誰もせどらないだろうなあという、
うまみ狙いだったのですが、自分の周りではあまり感じませんでした。
タイミングもありますしね、本の補充のタイミングとか。

いって早々、お正月のおなじみ、清水さんのアナウンスで

この仕入れのタイミングが店ではモノをいうときがありますね。
補充のタイミング、せどらーの通過したあとのタイミング、
時間帯のタイミング、重点的に商品を入れ替えるタイミング。。。

あんまりタイミングを狙って行ってはいないのですが、
このタイミングをいろいろ実感します。
朝一、本が抜けているのをみて、あぁもっと早いせどらーがいたのかとおもいきや、晩に抜いたのを補充してなかったりと...

こればっかりは狙えないかな?
夕方のスーパーの割引タイムでもあるまいし?

あと一個、まだ500円キャンペーンなるもの、みたことがないです...


上位要チェックの人気blogランキングへ

出版社について 

今日は面白い出版社のリンクを追加してみました。
その出版社リンクは面白いですね。

結構高めに売れる本で、出版社が岩波だったり、
講談社だったりしたことがあったでしょうか?
限定版や、絶版などは別として。

ここにこんな本があります。
書店人のしごと―SA時代の販売戦略
福嶋 聡
三一書房 (1991/06)
おすすめ度の平均: 5
5 本を売る側からのメッセージ

これは別にお宝でもなんでもないです。
ただ、内容が書店の仕事内容について、やや文学調ながらのエッセイです。

しかし、これは一人の書店員の仕事振りが裏話も交えて述べられています。その中で、書店員は、自分の知らない本を要求されたとき、出版社である程度、検討がつく、という記述がありました。

せどりでも思うのですが、誰もがいっているのかもしれませんが、
わりと出版社の癖、せどり的にいうとお宝系の出版社の傾向ってあるように思います。

発見というよりもアイデアなんですが、もし、電脳でせどりをするならそのマイナーな出版社から本を引き出してみる、というのもありかもしれないですね。あくまでアイデアで、実行したことはないのですが。

出版社の中でも個人と取引する出版社が存在します。
そういう出版社をあたって絶版なり、予約注文を狙うというのもありなのかもしれません。ただ、この段階での練りこみでは時間がおもいっきりかかりそうなので、もう一つひねりが必要にも感じますが。

と、有用なこともそうでない面白い話もまじってはいっている、のが上記の本なので、せどらーの方向けにもなる本かなと思いました。多分、単Cで見つかるとおもいますので、よければ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。