スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOオンライン 

BOオンラインについて、色々物議かもし出していますね。

このBOでのオンラインでは次の記事がちょこっと面白いかな、とか思いました。

ブックオフ、古書やCDなどのオンライン販売事業に参入
-「BOOKOFFOnline」(仮)。リアル店舗とも連携


とかいていますね、リアル店舗とも連携とも。
ただ、文章中にリアル店舗に頼ることよりも、ネット店舗独自での在庫を持つ、ということも書かれています。

今ある、オンラインのBOと文庫BOも完全別経営ということは別在庫が存在する、別の仕入先、商品の入手先がある、ということですね。加えてBOはつたやさんともビデオレンタルでの提携もありますし、そういう部分での商品の仕入というのもできるかもしれません。

そのように2つのオンラインBO書籍はちゃんと連携が成り立たなくともやっているわけですから、やろうと思えば可能なのではないかと。

あと、リアル店舗の在庫を利用するなら、もし利益優先で考えるなら、売上の悪い書店のたとえば不良在庫など、かなり本すててますからね、そういうのをうまく利用したいところ、という意味なのではないでしょうか。捨てるものを売る、もしくは今まででは利益がでなかった部分での書籍をいかにネットで売るか、みたいな。

あと、BOの部門は複数あって、ハードオフとか、キッズ、婦人服、その他事業というのが決算報告書に上ってますね。

その中で本だけがダントツで、他の部門がおいついていない、というのが現状みたいです。

本の部分での店の拡大は単に利益を上げるため、流通業は大抵そうですが、薄利で動くお店は店舗を増やしていくことでますます利益が大きくなっていきますね、普通。マクドナルドとか、スーパーとか、ラーメン屋とか。段々拡大路線になっていくんですよね。

次にはじまるのは商品の扱いの拡大。ようするに大規模化、複数の商品を扱うユーズドの百貨店形式になりたいのではないかな?とか思うわけです。

大分、妄想で物をいってますが。

というわけで、せどり的に困ることはない、とはいえないのですが。
本の入手先は何も買取ばかりでなく、出版社などから大量にでるぞっき本とかもよく聞きますし、書店がつぶれるなんてざらにありますし、それこそ、新刊本屋の取次がイラン本どう処分しているのかしりませんが、そういうのも範疇に含めだしたらとんでもないんじゃないですか?
そこまでいってるか、どうかはしりませんが。

新刊書店の隙をつく形でBOは成り立っているんですよね。
もし、ネットオフがそれこそ、想像するようななんでも新しいのも古いのも全部安い、ってなったらまず、新刊本屋がやっていけませんよ。それこそプロの。

新刊をあつかう書店業界をどうみているか、ですよね、BOが。
くいつぶせばいいや、ということはすなわち自分も身を滅ぼすんですからね。その辺のかめあいがとても難しそうに見えるんですけど、気にはしていないのですかね、BOは。

だから他業種にも手をだしはじめているとは思うのですけど。
本の部分も拡大、手を加えるのはもちろんのこと、その他部門の底上げ、というところが今、一番の課題というか、規模を今以上にしたいなら、そう考えたいところですね。

今は本部門が利益をあげていても、どうしても苦しくなるときはあるはず、そのために他の部門も利益を上げていって総合力勝負にしたいんじゃないか、とか思うわけです。

というか、決算報告書にかいています。妄想部分はかいていませんが。

ぶっちゃけ、何がいいたいか、わからなくなりましたが、せどりがどうたら、という部分での確執よりも、もっと大きな局面でものを考えてそうなので、どうなるか検討もつかない、というところが本音ですかね。

BOの拡大って結構、BOが諸刃の剣のような気がしないでもないです。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは、私もせどりをやっています。

主にヤフオクで仕入れています。

せどりをはじめてから一年くらい経ちますが、最近ブログもはじめました。

毎日、ヤフオクの注目商品を紹介しています。

よかったら見ていってください!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sedokame.blog42.fc2.com/tb.php/140-d518c7f5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。