スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の売上 

4冊、くらいでしょうか。

仕入をほとんどいってない、とはいっても今日は行ったのですが。
在庫がかなり減ってしまいました。

なんやかやといって売れているから不思議です。

この頃はさぼり気味というより、
仕入の数が圧倒的に少なくて、結果的に先月比べると同じくらいの売上高、利益くらいだったので、よくそれで収支収まったな、という感じです。

色々プロパーや、CD、DVD、オークション関連の人気書籍とかどうかな、と試している最中なので結果がついてこなくても仕方ないかと。

あとは長年続けていくと、それなりに形になっていくのではないか、とか思います。1年弱やっていたけれど、それなりの知識はついたような気がするし、あとはそれを広げていく、という形したいですね。

スポンサーサイト

Amazon仕様変更 

・保留になって手動で出品していた本が自動で出品になった
・購入者に対して、出品者からも返答ができるようになった
・カタログ消去が結構多くなった?
・特典つきの商品の特典の有無をコメントにいれること
・品薄商品レポート


というところが最近のアマゾンの変更?なのでしょうか?
なんかババッとマーケットプレイス掲示板を見ましたが、結構いろいろ変わってますね。

ちょっとついていけてないところがありますが、
利用しないといけないのは利用しないといけないけど、
結局現状維持のまま、というところですね。

三つ目の項目は限定版や初回版の商品カタログが出ている、
ということなのでしょうか。

わりとこの頃、初回版や限定版といいながら、
在庫復活、あるいは販売がされていたりなど色々あるみたいですし。
聞いた話ですけど。

特典内容わからないで、出品ということもありえるから、
特典内容が少ない場合は前の出品者でわかることもありますが、
数が多かったり、ちょっとややこしい特典の場合は難儀しますね。
あまり特典物はあつかったことがないのでなんとも、ですが。

出品がいつのまにか、アクセスできない、というのは困りますね。
最近価格調整した中で2個ありました。

む~、という感じです。

BOオンライン 

BOオンラインについて、色々物議かもし出していますね。

このBOでのオンラインでは次の記事がちょこっと面白いかな、とか思いました。

ブックオフ、古書やCDなどのオンライン販売事業に参入
-「BOOKOFFOnline」(仮)。リアル店舗とも連携


とかいていますね、リアル店舗とも連携とも。
ただ、文章中にリアル店舗に頼ることよりも、ネット店舗独自での在庫を持つ、ということも書かれています。

今ある、オンラインのBOと文庫BOも完全別経営ということは別在庫が存在する、別の仕入先、商品の入手先がある、ということですね。加えてBOはつたやさんともビデオレンタルでの提携もありますし、そういう部分での商品の仕入というのもできるかもしれません。

そのように2つのオンラインBO書籍はちゃんと連携が成り立たなくともやっているわけですから、やろうと思えば可能なのではないかと。

あと、リアル店舗の在庫を利用するなら、もし利益優先で考えるなら、売上の悪い書店のたとえば不良在庫など、かなり本すててますからね、そういうのをうまく利用したいところ、という意味なのではないでしょうか。捨てるものを売る、もしくは今まででは利益がでなかった部分での書籍をいかにネットで売るか、みたいな。

あと、BOの部門は複数あって、ハードオフとか、キッズ、婦人服、その他事業というのが決算報告書に上ってますね。

その中で本だけがダントツで、他の部門がおいついていない、というのが現状みたいです。

本の部分での店の拡大は単に利益を上げるため、流通業は大抵そうですが、薄利で動くお店は店舗を増やしていくことでますます利益が大きくなっていきますね、普通。マクドナルドとか、スーパーとか、ラーメン屋とか。段々拡大路線になっていくんですよね。

次にはじまるのは商品の扱いの拡大。ようするに大規模化、複数の商品を扱うユーズドの百貨店形式になりたいのではないかな?とか思うわけです。

大分、妄想で物をいってますが。

というわけで、せどり的に困ることはない、とはいえないのですが。
本の入手先は何も買取ばかりでなく、出版社などから大量にでるぞっき本とかもよく聞きますし、書店がつぶれるなんてざらにありますし、それこそ、新刊本屋の取次がイラン本どう処分しているのかしりませんが、そういうのも範疇に含めだしたらとんでもないんじゃないですか?
そこまでいってるか、どうかはしりませんが。

新刊書店の隙をつく形でBOは成り立っているんですよね。
もし、ネットオフがそれこそ、想像するようななんでも新しいのも古いのも全部安い、ってなったらまず、新刊本屋がやっていけませんよ。それこそプロの。

新刊をあつかう書店業界をどうみているか、ですよね、BOが。
くいつぶせばいいや、ということはすなわち自分も身を滅ぼすんですからね。その辺のかめあいがとても難しそうに見えるんですけど、気にはしていないのですかね、BOは。

だから他業種にも手をだしはじめているとは思うのですけど。
本の部分も拡大、手を加えるのはもちろんのこと、その他部門の底上げ、というところが今、一番の課題というか、規模を今以上にしたいなら、そう考えたいところですね。

今は本部門が利益をあげていても、どうしても苦しくなるときはあるはず、そのために他の部門も利益を上げていって総合力勝負にしたいんじゃないか、とか思うわけです。

というか、決算報告書にかいています。妄想部分はかいていませんが。

ぶっちゃけ、何がいいたいか、わからなくなりましたが、せどりがどうたら、という部分での確執よりも、もっと大きな局面でものを考えてそうなので、どうなるか検討もつかない、というところが本音ですかね。

BOの拡大って結構、BOが諸刃の剣のような気がしないでもないです。

イラスト関連 

仕入は思うようにいかないまま、ちょっと趣味に走ります。
ブログランキング上位の
イラスト集&お絵かき本で月収10万円! せどりでお小遣い稼ぎ!
で、わりと趣味がかぶるなぁ、と常々思っていました。
ほんと村田のれんじさんの漢字がわからないんですけど、好きですし。
季刊Sを押してくるなど、ちょっと懐かしい感じがします。
わりと絵の高額本など紹介してくれるので、趣味と実用を兼ねて楽しみがあるブログです。

そこで、ちょっとせどりからは離れてしまうかもですが、自分の面白いと思うイラスト関係、少しだけ押してみたいですね。



まずコミッカーズですね。
ここでも村田さんが過去の話になるのかな?今もどうなっているのかはわかりませんが、扉ベージ書いていたりとわりと画力高めの人が連載コーナーに出てくる隔月?月刊誌ですね?
ここで書いているアマチュアのイラストでもかなりレベルが高いです。以前小学生でとんでもない画力のコがいて、「あ~、これは絵で食っていこうとか思うもんじゃないな」とかひしひし感じたものです。

ただし、これはせどりには影響しません。
というか、古いナンバー扱っていないみたいです。多分、ですけど。
ねらい目ではないです。

寺田克也氏もかなり有名なイラストさんですね。画集の方は誰もが絶賛しますね。

小畑健画集「blanc et noir」
小畑 健
集英社 (2006/05/31)

この方、小畑健さんですが、この人もかなり画力の高い人ですね。
デスノートのほかに、ヒカルの碁とかジャンプで高い評価ついている人ですね。要チェックですが、古本屋にはまだないでしょうし、あったとしても高騰するかどうかはわからないです。ここら辺は正統派という感じで、いわゆるベストセラーになってしまうのではないかと。



この方はイラストレーターというより、歴史関係の人ですが、
アール・ヌーヴォー、といえばぴんと来る人がいるのではないでしょうか。わりと現在でもこの装飾好きな人は好きですね。絵もわりと今のイラストに近いものを感じさせます。

一杯押せばキリがないですが、たまらないでしょうね。

と、ここまで読んでくれた方には申し訳ないですが、
せどりにはほとんど関連がありません。

ただ、ちょっとだけ関連してるかもしれない、というところはゲームせどり、でもしかしたら通用するかも?しれません。

調べていないのでなんともですが、
イラストレーターって絵だけ描いているんじゃないんですよね。
ゲームの設定資料集ありますよね?
ゲームのイラスト、もしくはパッケージデザイン、キャラクターデザインなど、結構有名な、もしくは有名になる前のイラストレーターが書いていたりするときもあります。多分、ですけど。

そのイラスト関連で押していくともしかしたらゲームせどりも通用するかもしれません。おそらく、ですけど。

ただ、普通に高額物を探してリスト化して覚えていけば早いとは思います。ただ、上を踏まえている人は何かしらの共通点、もしくはキーワードが出てくると思います。多分。

そんな自分はゲームせどり一切していないので責任もてません、すいません。

ゲームの場合はゲーム性であったり、音楽であったり、ゲームプログラミングの妙を楽しんだりするところもありますので、純粋に絵だけ追っていっても効果はないとは思いますが、雑学はつくとちょっとは足しになるのかな、と思った次第です。

売上アップの仕入 

人のネタ、拝借、が多い、自分はつまらない人間だな、とは思うのですが、A-BOOKさんが売上アップについての記事、書かれてますね。

その前の仕入事典はかなり気になったのですが、それはさておいて、
仕入の実力、について書かれてますね。

これに関してはもう携帯せどらーの自分は到底、どうにもできない位置にいるなぁと感じます。

で肝は
一定時間に十分な利益が出る商品を仕入れることができ、出品、発送などの業務を滞りなくできるチカラ

とおっしゃってますね。

実力、並外れた知識量だったり、桁はずれの出品をする行動量だったり、仕入先を捜し当てる経験にもとづいた勘だったりするのかな?とか思ったりしますね、想像なんですけど。

しかし、実力というのはひしひし感じます。
一体どこからかき集めてくるの?という出品の数々をマケプレの出品や、ヤフオクの出品で眺めていると、それをより感じます。

あぁ、これは圧倒的に何かが違うな、と。
ちょっとした差、と思うところが実はとんでもない差だったりするのかもしれないですね。わからないから余計にわからなさも大きくなります。

ただ、じわじわと成長?はしているとは思うのですが、これもある種才能がありますね、無論、研究する努力とかはあるんでしょうけど。

この実力上げが先にあげた、BOの対策の一つになるとも思うのですが、こればっかりは急こしらえでできないもので。

とりあえずであれこれ試してはいますが、なかなか難しい。
この難しさを、面白い、とか感じられる人は伸びるんでしょうね。
自分はそこんとこ、弱いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。